2021年03月一覧

自分を変える:習慣化の条件~目標を決意し、宣言して行動する

新しい自分になりたい、もっと良くなりたいと思い、新しい行動を始めます。1度やっただけでは目指す自分になれなかったら、毎日やり続けなければなりません。習慣化するには行動の価値観や信念を自分に認識させます。そして決意して宣言してから始めることが大事です。自分自身に目指す自分の姿を明確に意識させることで行動し続けられます。

植え付けられた罪悪感:「あなたのせい」と思わされてきた記憶

自分のやったことややらなかったことに対して、自分を責める人がいます。幼い頃母親の手伝いをイヤだと言ったら「いいわよ。やらなくても、ママがやるから。」という記憶があなたを苦しめているのではないでしょうか。罪悪感は他者があなたをコントロールするために持たされた感情です。自分を縛る必要はありません。勇気を出して自分の考えを表現することが大事です。

いつも使う言葉があなたを作っている:言葉でメンタルを改善する方法

普段無意識に否定的な言葉が出てくるのなら、自分の言葉を見直してみることが大切です。自分の思考は言葉が作ります。言葉はパワーがあります。言葉は感情を呼び起こします。自分にとって力を与えてくれる言葉を選択して使うことがメンタルを健全に保つには大事なことです。

問題を後回しにするのは、自信がないから?~消極的姿勢 or 積極的姿勢

気づかないようにする、考えないようにする、あいまいにしておくという消極的な姿勢は、自信のなさから来るのではないでしょうか。不安を取り除くタッピングをしてみてください。そして、ものごとに対する姿勢を見直してみてはどうでしょうか。心を込めてひとつひとつ行い、幸せで豊かな人生にするためにポジティブな姿勢にシフトするのです。

子どもの頃の記憶「子どもの私」~「子どもの自己」をいやし自己評価を高める

子どもの頃の記憶が子どもの頃の自己イメージを作り上げます。子どもの頃の自己イメージが人格の一部であり、その後の自分に影響を与えています。辛い体験をすると低い自己イメージが出来上がります。辛い子どもの頃の記憶があったら、過去を紐解くことによって、自分を守り愛する意図があったことに気づくでしょう。

スポンサーリンク