誰にもある第六感~真夏のある日、心の声に助けられた横断歩道でのこと

ある暑い日の出来事

私たちは、第六感という感覚、直感というものを持っています。

ひらめき、予感、予知、勘ともいいます。

その第六感が私を守ってくれたと思う出来事がありました。


数年前の夏、厚い日差しが照りつける正午頃、私は道路を渡ろうと横断歩道に近づいていました。

見ると、渡ろうとする先の信号は赤でした。

暑い日差しがじりじりと照り付けていました。

日差しが強いので、横断歩道から5メートルほど手前の木陰で待つことにしました。

「日陰で待とう。ここにいようか。」と心の中で思うと、「そう、ここがいい。」と声がしました、私の中で…。

「ここにいたほうがいい。」と念を押すような感じでした。

しばらく待って信号が青になったので、歩み始め木陰から出ると、周りで「あー」と小さな声が聞こえました。

私は先頭の人たちの後ろを歩いて、横断歩道を渡ろうとしていました。

先頭を歩いている女の人が横断歩道を右折する軽ワゴン車にはねられました。

目の前で車が女性にぶつかる瞬間、私は「キャー」と悲鳴を上げていました。

車は女性の腰の辺りにぶつかり、女性は少し飛ばされ道路に倒れました。

たまたま自転車で通りかかったおまわりさんが私の悲鳴を聞きつけ、倒れた女性のところに走って行きました。

「大丈夫ですか」とおまわりさんの声が聞こえました。

幸い女の人は意識があり、お巡りさんは無線で救急車の手配をしているようでした。

事故の前を思い出すと、先頭にはその女性と二人の男性が並ぶように進んでいました。

なぜか、女性だけはねられました。

女性が車に気づかなかったのかもしれません。

事故後、救急車やパトカーの音が大きく聞こえてきました。

私はその場を離れました。

胸がドキドキして、近くの公園のベンチに座りこみました。

今の出来事が頭の中でぐるぐると廻っていました。

考えていくうちに、もし私が日影でなく道路際で信号待ちしていたら、青信号ですぐに先頭で渡り始めていたかもしれない…。

その女性ではなく、私がはねられていたかもしれない……。

頭を打って死んでたかもしれない…。

私は、混乱しました。

身体がこわばって緊張していました。

横断歩道から離れた場所で待とうと思った時、「ここがいい。」という声が聞こえたのは確かです。

私の中の私の声でした。

「ここにいるように。」と私に念を押したのは、この先何が起こるかわかっていたからかもしれません。

動転している頭の中で、私に「ここがいい。横断歩道の近くに行ってはいけない。」と言ってくれたんだと思いました。

私の中の私が、私を守るために注意してくれたんだと思うと、胸にじわっとこみ上げてきました。

意識してはいないけど、常に寄り添い守ってくれている存在が私の中にあるのだとわかりました。

誰にもある第六感

生まれたときからずっと私を見守ってくれる存在が私自身の中にいるのです。

あなたの中にも存在するのです。

あなたをいつも見守り、寄り添ってくれるあなた自身がいるのです。

いつもあなたは守られているし、あなたのことを思ってくれるもう一人のあなたがいます。

ありがたい存在があなたの中にいるのです。

お読み頂きありがとうございました。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 潜在意識へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク